ゆいなの健康ライフハック

心と体の健康に♪

【坐禅】の仕方【呼吸法】、【阿字観(あじかん)】

坐禅の仕方、ハウトゥーについて簡単に書いておきます。
お線香の選び方は今まで書いてきた通りです。

坐禅には流派か宗派があり、有名なのが「ヨガ」や「阿字観」です。

阿字観(あじかん)とは梵語サンスクリット語)の「あ」の字を思い浮かべて瞑想するものです。これは梵語の「あ」の掛け軸を垂らしてするのが一般的です。興味のある方はどうぞ。これで上手く瞑想できるという人もいれば、何かを思い浮かべているのは「妄想である」と切り捨てる人もいます。

個人的には深い呼吸をして、呼吸に集中することでリラックスできれば目的は達成していると思います。

ポイントは丹田(へそ下の下腹部)で呼吸することです。
丹田に意識を集めて、鼻から呼吸する……。

坐禅中そのことに集中できていれば「スッキリ!」します(^_^)

余談ですが、坐禅の時間の計り方。
スマホのアラームをセットするのでもいいのですが…鳴るとドキッとしてしまって鎮まった心が乱れてしまうことがありました(実体験)。
やはり、お香一本が燃え尽きたあたりで終わらせるのがいいようです。

【坐禅】の【お香の選び方】其の2【アパート・マンション編】

坐禅の際のお香の選び方は過去記事に書きました。
yuinaminato.hatenablog.com

続編として、住宅環境で
具体的には
アパートやマンション暮らしで煙や匂いをあまり出せない人のためのお香の選び方。

元々、お香は煙はとても少ないです。が、香り(匂い)が気になるお隣さんがいるかもしれません。そういう人にスモークレスタイプの青雲がオススメかも。

毎日香や青雲はどちらも日本香堂が作っている筆者もお気に入りのお香です。香りも燃焼時間も安定しています。他にもお気に入りのお香はありますので、時期をみて書くかもしれません。

この青雲のスモークレスタイプ、確かに煙はとても少ないのですが、ほのかに良い香りがします。
やはり「お香」という「香りのするのが特長の商品」なのでスモークレス(煙なし)にできても、香りなしにはできないというかする意味がない(笑)ようです。

香りがいやならお香やめよう? ということです。

毎朝坐禅をする際にお線香をつけてます、と言ったとして
煙が出てもいなければご近所トラブルにも発展しないのではないでしょうか。

気楽に生きましょう(^_^)

【執着】を手放して【生きやすさ】を求める

●●だけは絶対に手放せない!と思っている●●に当てはまる物はありますか? ある人は注意です。

子供や親が大事ならまだ分かります。
もしも仕事や家、お金に囚われている場合ーー。

仕事や家、お金は高い確率でいつか手放さなければなりません。

それを頑張って握りしめ続けるのはとても疲れることです。

こだわっている(執着している)「何か」。
それを手放しても生きていけると思えたら、手放すのもひとつの生き方です。

執着している間は心の大半を「しがみつくこと」に使っているわけです。
執着を捨てればそれらが解放されます。

生きやすくなるのも道理でしょう。

人生から苦しみを抜いて楽しみを与えることを

「抜苦与楽(ばっくよらく)」と言います。

呼吸がツライ人に坐禅のススメ。お香の選び方

このブログでは何度かウォーキングと坐禅をオススメしています。
いずれも困った原因があって坐禅やウォーキングをするに至ったという実体験からです。

生まれつきなのか運動不足からなのか、呼吸が浅いことが原因で体調不良になっている人が多いようです。この話題はダイエットのブログで見かけましたが、ここはダイエットのブログではないので省略。

坐禅のハウトゥーについては以前書いたこちらを見て頂くとして。
yuinaminato.hatenablog.com
「香木」と書いてあると分かりにくいと思うので、お香の選び方。
お線香です。

坐禅をするときに必要不可欠なお香。その香りで気持ちは落ち着き、一本が燃え尽きれば「予定していた坐禅の時間が終了したことが分かる」目安になります。

体験からですが、お香の選び方は
1、香りを選んで
2,自分の坐禅にちょうど良い燃焼時間のものを選ぶ
のが良いでしょう。

香りは甘い香りの白檀(びゃくだん)がおそらく一番有名かと思います。香りでまったりした気持ちになります(^_^)。他には沈香(じんこう)。これもいい香りで、動機息切れの人が飲む●●というクスリのパッケージ(原料)にも「沈香」の記述が。似た成分が使われているのかも。とても落ち着きます。

その他。日本のメーカーのものは大体安心で白檀か沈香系の香りがしますが、聞いたことの無いメーカーの品の場合。やはり、かいだことのないような匂いがします。あるいはただの木炭を燃やしてるような匂い。

どうか賢い選択を。つっても最初は誰でも何回か間違えるんですけどね!  あはは(^_^)
それでは、あなたの坐禅ライフを応援しています。

イライラしたときにホットアイマスクのススメ(^_^)

顔(目)を暖めるとストレス軽減に良いのです。
夕食を食べに入ったお店で、おしぼりを顔に当てて目を温めて「ほっ」としたことはありませんか? 理容店のホットタオルが顔に当てられて「ふー」と息抜きできた経験はあるでしょう。

「リラックスするためのホットアイマスク」といった商品が売られています。
個人的には香り入りが暖かさとの気持ちよさの相乗効果でオススメです。

秋冬は寒いので特にオススメです。
イライラしていると周りの人が去って行く運命にあります。

自分のご機嫌は自分でとる時代ですよ♪

人生の目標・ゴール。情けは人のためならず

いつ人生の終わりが来てもいいように、あらかじめ目標となるゴールを決めておこうという話題。

もし、途中で病気になったりしても……目標地点へ向いていたなら後悔は少ないのではないでしょうか? ポイントは納得できるゴール(目標)であることです。

納得を言いかえれば「肯定して受け容れられること」です。

「納得」とは「思考停止」であると吹っかけられたことがあるのですが、違います。永遠に続く思考の改善ループみたいな発想は苦しみます。どこかで受け容れましょう。

仏教の本に書いてあったんですが、「自分は凄いはずだからこうなるはずだ」といった慢心や、「根拠はないけどこうなりたい」という欲望の妄想から決めたゴール地点だと、納得は得られにくいと思います。なぜなら、そもそも慢心や妄想を抱いている人は周囲に好かれないからです。

「自分はこうなりたい(欲望)」「自分は凄いからついてこい(慢心)」という人から周りの人が離れていって、孤独になっているシーンはよく見かける気がします。

そうでなく。
一般的には自分のミッションを掲げるなどして、「こういう風に世の役に立ちたい」といったゴールだと報われることが多い理屈になります。というのも、世の中は
情けは人のためならず(他人に情けをかけるのは最終的には自分の為である、の意味)で、「世のため人のために尽くすほど自分が幸せになりますよ」と昔から理屈で述べられているからです。

きれい事ではなく、自分の幸せの為に他人に尽くせと古くから言われているわけですね。
そんなミッションを掲げて幸せなゴールを目指してください。
以上、今日のライフハックでした。(^_^)

仕事で成功する方法(読書記録)

ウォーレン・バフェットいわく「あなたがしている仕事を全て紙に書き出して、最も大切な五つだけをしなさい。そうすれば仕事で成功します」

これは「GRIT」という本から大意を引用したもので、専門家(プロフェッショナルかオーソリティ)への成り方を述べたものだと思います。
こうすれば成功する、と。

しかし、結論を言うと、日本の一般人には当てはまらない考えだと思います。

医者や弁護士といった一部の人を除き、一般人の多くは人生後半でセカンドキャリアを要求されます。人生において仕事が最低でも二つ必要。上記のバフェットのエピソードに出てくる「仕事」とは「車を運転する」などひとつひとつの「作業」でした。

いまどきの日本の社会人なら数十かもしくは百以上の仕事(作業)を覚えねばやっていけないのでは、と思います。

でもーーひとつの分野でトップのプロフェッショナルって、もしいたら凄いし憧れるんですけどね(^_^)